花蜜のしたたり

いい歳でもエロスがなければ生きていけない。

生理でも抱き合えればハッピー(2)

今度は私の番。仰向けにさせた千夏の手を握りながら、乳首に舌を這わせる。やさしく、突起の周囲を円を描くように舌先でクルクルと舐め回す。左の乳首、そして右の乳首。

「ああっ、いいっ」

今度は、唇をすぼめてチュプっと咥える。そして、舌で少し強く、絡みつくようにレロレロと乳首を舐め回す。

「ああっ、ダメっ、激し過ぎ、○○リン」
「いつも激しいだろ?」
「うん、そうだけど、したくなっちゃう〜」
「濡れた?」
「うん、濡れてる」
「ああん、乳首勃っちゃう〜」

二人とも軽く酔っらっているので、笑いながら楽しくじゃれついている。

「ねぇ、ずっと硬いよ、どうすればいいの?」

そう言いながら千夏は私のモノを上下にしごいている。

「出さないと収まらないよ」
「だよね」
「じゃあ、乳首舐めて」
「うん」

千夏は左手で私のケダモノを握ってはサワサワと手を動かしながら、私の乳首を舌先でチロチロと舐め始めた。

「あっ、はうっ」

今度は私の口から声が漏れる。私は乳首が敏感で、ビクンとカラダも反射してしまう。

千夏は、反り返った私のケダモノを一生懸命しごきながら、左右の乳首を強く弱く繊細に舐めてくれる。

チュパッ
ジュボッ

乳首を吸ったり、フェラしたり、いろいろ尽くしてくれる。

次第に次第に快感が高じてくる…
ああ、気持ちいい。

「ああ、イキそうだ」

ギリギリまで我慢して…

「あっ ああっ ああっ」

ドッキュン、ドクン、ドクンとカラダの奥から一気に精を放った。

脳天を快感が突き抜ける…

 

「落ち着いた? よかったね」

母親が子供に言葉をかけるように、裸の千夏が隣で微笑んでいた。

f:id:pierre_lacenaire:20170706191013j:image