花蜜のしたたり

いい歳でもエロスがなければ生きていけない。

週2くらいヤろう!

もっとセックスしようよ、やっぱり。

まあ、皆さんいろいろな環境で「したくてもできない」ことも多いんだけど、できる環境にあるのならば、もっとしようよ!

知り合いの女性のブログでも、奥様側はとっても望んでいるのに、旦那さんが今ひとつ乗り気じゃないとか、精力がないとか、そういうケースをよく見かけます。

私の場合は、不埒な奴なので、家庭内だけに留まらないことまでなかば推奨しかねないので、結婚制度保守派の方々には受け入れられないと思うけど。

セックスほど快楽を共有できる行為はほぼ他にない!

他者との身体的かつ感覚的なコミュニケーションが図れる数少ない行為だ!

言いたいのは、ケモノの衝動の側面(交わりたい衝動)と発達した脳を持つ生き物の側面(好きという気持ち)を統合できるほぼ唯一の行為だと思うんです。

まあ、いろんな考え方はあるんだけれど、特に好意を抱ける他者が近くにいるのならば、裸になってその人と交わってみよう!

既婚者は好きという気持ちを制度の中に閉じ込めないといけないので、家庭外での行為はふさわしくはないのだけれど、本来的にはもっと自由に他人と身体的な交わりを持っていいのだと思う。

既婚者の私がそう言ってはいけないのだけれど、人の考え方は時間の流れの中で変化もするものです。

つまり、私は結婚制度には向いていなかったということだけど、リセットするのは難しいんだよね。

f:id:pierre_lacenaire:20170622173141j:image