花蜜のしたたり

いい歳でもエロスがなければ生きていけない。

人妻アイスクリーム店員とろける筆下ろし

「ところで、ヒロ君、童貞?」
「な、何を急にそんなこと、大きな声で、やめてくださいよ、クミさん」
「前から思ってたんだけど、な~んか、やっぱり、ビミョーに青いっていうか」
「ひ、ひどいなぁ、そんなことわかるんですか?」
「わかるよ、大人の女は直感が鋭いの! じゃ、違うの?」
「あ、いや、その……」
「ほ~ら、顔真っ赤だもん、ふ~ん、カワイイっ」
「からかわないでくださいよ~」
「じゃ、オバサンが教えてあげようか」
「え?」
「な~んて」
「あ、でも、俺、クミさん、好み…です、全然オバサンじゃないですっ」
「え、そんな……冗談だってば」
「俺は、冗談じゃないです」

「あっ、ヒロ君、こんなところでダメだって」
「クミさん、以前から…すみません、実はいろいろ妄想しちゃってて」
「え、ホント? え、私でいいの?」
「初めては…クミさんのような女性だったら、なんて…」
「え、マジ? え? あんっ」
「クミさん、クミさん…」
「あっ あんっ ちょっと待って…自分で、脱ぐから」

「ヒロ君、すごい、硬くなってる…ココに挿れ…あんっ」
「クミさん、クミさん、好きですっ」
「ああっ、ヒロ君、ヒロ君、すごい、あああ~ん」
「クミさん、あっ、もうイッちゃいそうです」
「いいよ、来て、思いっきり、出していいよ」
「ああっ あっ あっ ああっ」
「あんっ いいっ いいっ ああん」

「はぁはぁ、すみません、すぐにイッちゃって…」
「はぁ、いいよ、最初は、みんな、みんなそうだから…ごめん、私も、家で全然なくて久しぶりだったから、感じちゃった、はぁ」

f:id:pierre_lacenaire:20170421145911j:image