読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喘ぎ声の聞こえるホテル(レンタルルーム篇)

「喘ぎ声の聞こえるホテル」。

私が過去に書いたこのシリーズ記事へのアクセスが継続的に多い。Yahoo!Googleでも検索されて、読みに来てくれている人も多いようだ。つまり、世の中に「喘ぎ声ファン」が多いということだと思う。まあ、男がほとんどだと思うけど。

何を隠そう、私自身も偶然の喘ぎ声遭遇が何度かあって以来、ホテルに泊まるときには注意を払うようになってしまった。時には聞き耳立てたり、壁に耳を当てたり…w

そんな私も今は出張や深夜業務がほとんどなくなってしまい、新しいネタを書きにくい環境になってしまったが、絶好の「喘ぎ声スポット」を見つけたので、改めて書いておこう。

「レンタルルーム」だ。

http://pierre-lacenaire.hatenablog.com/entry/2017/03/28/170758

でも書いたが、喘ぎ声ファンは一度行ってみることをオススメしたいw

「レンタルルーム」という名称だけど、実態的には「簡易ラブホ」です。そこで仕事や勉強する人、そこで仮眠する人というのは…どう考えても少ないでしょう。

今のところいくつかの店舗での利用経験はあるけれども、まだデータ不足なので、今日のところは個々の店名をたくさん挙げるほどではありませんが…先般利用したのは「レンタルルームCALM」です。CALM(静けさ)という名前とは裏腹に「あんあん、キャンキャン、イクイク~」のオンパレードでした。

代わりにエリアをあげると…新橋、神田、秋葉原が東京での3大拠点のようです。一番密集しているのはやっぱり新橋!

そのほか、新宿、渋谷、池袋あたりにも出来てきているようですが、その3エリアはそもそもラブホが昔からある。新橋、神田、秋葉原等、山手線南東部には、ラブホが今までなかったことが、レンタルルームの進出を促している理由だろう。

簡単に言うと、銀座、新橋あたりで、飲んだ勢いで連れ込めるところがなかったということです。

行ってみるとわかりますが、どのレンタルルームもとにかく部屋の間仕切りがテキトーです w

仕切りテキトーな上、部屋は狭くほぼベッドしかない(つまりヤルしかない)ような造りなので、夜の時間帯だとほぼすべての部屋でヤッてますw

しかも、間仕切りテキトーなせいで、隣の部屋の声が筒抜けです。フロア全体で「ああん、あん、イクイク~」の合唱状態です。

ラブホでも各部屋でヤッてるはずですが、建築物としてそこそこきちんと造ってあるので、ダダ漏れにはなりませんが、レンタルルームはあくまで「貸し部屋」程度、ネットカフェに毛が生えた程度なので、大きな喘ぎ声はまるっとダダ漏れです。

なので「タカシ、イクイクぅ~」とか、「ひとみ、ひとみ、出るっ」とか、たとえヨガリ声でも個人情報は含まないほうが無難です。

サイトの注意事項を読むと、男女カップルはもちろんOK、1人の利用もほとんどの店でOKの様子です。ただし、男性2人の利用はNGのところがあります。

一人で使って周囲の部屋の「ギシギシアンアン」を楽しむもよし、二人で使って自分たちでヤリながら他の人たちの喘ぎ声を鑑賞するもよし。

でも、一人で泊まると周囲からの刺激が強すぎて、悶々となること必至です。
男性の場合、仕方ないので自分で出してください。
女性の場合は、一度ビルの外に出て、現地調達も一興です w

f:id:pierre_lacenaire:20170413133300j:image