読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会話が合うとアソコの相性もイイ

会話が合う相手とは、アソコも合う。

会話のリズムや会話の内容に同意できる相手とはセックスの相性もいい。

経験則的にそう思う。

前の投稿に続くような話しだけど、実は妻とは会話のリズムが合わない。合わないまんま二十数年。

もちろん、一緒に住んでみるくらいじゃないとわからないかもしれないけど、会話のリズムでいうならば、ガールフレンドの方が合う。気兼ねなく冗談も言える。
なぜか妻との会話にはある種の緊張感がある。妻は「何でも気兼ねなく言える仲」ではない。

どこが合わないのか、どのように緊張感があるのかは、他人にはうまく説明できないが、単純化して言うと、「妻の弱さ」が私にとってトラウマになっているということだ。

なので、妻には何を言うにもとても気を遣う。少し強く言うと、すぐに怒る、落ち込む、暗い顔をする。なので、私は、出来る限り当たり障りのない言い方を探す。

そんな姿勢がクセになってしまったのと、妻は冗談が面白くないことも手伝って、結局いまひとつ会話が噛み合わないままここまできてしまった。

妻とは…会話が合わないところをセックスで埋めている感じかもしれない。

ロゴスの不一致をエロスで帳尻合わせ。
あるいは、言葉の不一致をペニスで穴埋め。

文字通りw

f:id:pierre_lacenaire:20170412080230j:image