花蜜のしたたり

いい歳でもエロスがなければ生きていけない。

痙攣セックス(2)

本当はナマでぶち込んで、中にドックンドックン注ぎ込んでやりたいが、さすがにそれは非道すぎるので、きちんとゴムを着けて、少しずつ挿れていく…。

「ああっ、気持ちいいっ、気持ちいいっ」と繰り返す泉美。

ああ、すごいっ、ビショビショに濡れているので、さほど無理なくヌルリと入っていく…。

少しずつ、抜いたり挿れたり、抜いたり挿れたりしながら、一番奥を目指す。

ああ、気持ちいい。こんなにヌルヌルのやわらかくてあったかい穴は、俺だって最高に気持ちいい。

泉美はバックはあまり好きじゃないというし、正常位で「気持ちいい」とあえいでいるので、そのまま突き続ける。

同じ正常位でも、体勢を少し変えて、突き上げる角度や速度を変えて腰を振る。
ベッドと平行にまっすぐ突っ込む。少し速度を上げてピストン運動する。
今度は、逆にゆっくり出し挿れして、ニュルニュルした粘液感を味わう。

下から上、Gスポットのあたりを突いてやると、「そこ、気持ちいいっ」と反応が返ってくるので、しばらくそのまま突き続ける。

「ああっ、気持ちいいっ、すごいっ、ああっ」

そう言いながらも、かなりの時間腰を振り続ける私に「大丈夫?」と訊いてくる。
私の下半身も極まってくる。ああ、泉美のなかにぶちまけたい!
そういうオスの衝動が高まってくる。
私の下では形のいいおっぱいがゆっさゆっさと揺れている。

抱き合ってキスをしながら、下半身だけは別の生き物のように、人間性を捨てて泉美のメスのアソコをズッコンスッコンと侵し続ける。

「イキそうだ、イっていい?」
「う、うん」

頭の中が白んでくる…

「あっ、あっ、ああっ」

しばらく体内に溜まっていた汚い白濁液を、一気に泉美のなかにぶちまける。

「あっ、あっ、あ~ん」

私の下で泉美が叫ぶと、私のケダモノのビクンビクンという動きに合わせて、ガクツ、ガクッ、ガクッという下半身の痙攣と、キュ~ン、キュ~ン、キュ~ンというヌルヌルの肉壁の動きに、私のカラダがすべて…包まれた。

カラダ全体が性器になった…

f:id:pierre_lacenaire:20170406175333j:image