読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

痙攣セックス(1)

逸(はや)る気持ちを抑えながらも、部屋に入るとふたりともすぐに服を脱ぎ始めた。

30才近く歳の離れた泉美とは久しぶりだった。ふたりは遠く離れているので、めったに会えない。

泉美は恥ずかしがって下着だけは残していたが、ベッドの上で私に背を向けたので、プチっとブラのホックを外してしまった。そして、下にも手をかけて、ぐいっと一気に引きおろしてしまった。

ふたり全裸になって、しばらく互いのカラダを撫でまわし、弄りまわしながら、丹念にキスをした。
ようやく、形のいい白いふくらみに手のひらを当てて、やさしく揉み始める。

本当は一番初めに喰らいつきたい場所だけど、自制しているのと、彼女を焦らしているのと両方。

ふくらみを軽く握り、乳首をツンと尖らせ…その先端を口に含むと、

「あっ ああっ」と息が漏れる。

左の乳首、右の乳首、舌先でチロチロ、咥えこんでジュルジュル、そして乳輪のあたりを舌先でくる~りと一周、ふたたび激しく咥えこんでベロンベロンと舐めまわす…。

そんなことを繰り返して、長い間、したくても出来なかったことを好きにやらせてもらう。

また、唇を重ねながら、指先をカラダの中心に持っていこうとすると、泉美はいやがってカラダをひねる。それでも、少し乱暴に手を伸ばし、中指の腹をスリットに重ねると…すでに流れ出しそうなほどに濡れている。濡れているというより、スリットから外に向けて、ヌルヌルの粘液が割れ目をすべて覆い尽くしている感じだ。

穴のほうからクリまでニュルニュルだ。こんな短時間でどれだけ一気にあふれ出したんだ?

その水面に触れるか触れないかで、指を這わす。そして、下半身の頂点でもあるクリトリスに中指の腹を当てて、小さく円を描く。クルクルクル。

「あっ、いやっ、ああんっ」

そう言うが、少し無理やりそのままクルクルクルと粘液で弄びながら、同時に乳首を舐めまわす。

「あうっ」

泉美は反射的に仰け反って、私から逃れようとする。

「じゃあ、どうして欲しいの?」

わざと、いらだって見せ、体勢を変えて、泉美の脚の間にカラダをねじ込む。

「これを挿れて欲しいの?」

ひざ立ちして、空に向かったケダモノを見せつける。

「お、大きい…ムリっ」

(続きます)

f:id:pierre_lacenaire:20170406175002j:image