花蜜のしたたり

いい歳でもエロスがなければ生きていけない。

雑居ビル「ヤリ部屋」でケモノのように(4)

「ああん、○○りん、待って、休憩、はあぁ」

私の下であえぐ千夏だったが、私も隣室のあえぎ声に刺激されていたのと、久しぶりの彼女のカラダだったので、そう簡単に止めるわけにはいかない。

それに、腰を振っている間に、次第次第、極まり始めていた。

このマ○コの中にぶちまけたい…

男はその一心で腰を振り、ペ○スにまとわりつく粘液のヌルヌル感を味わい、女を突き上げる。

「ああっ ああっ ああっ ああっ」

壁越しに聞こえる隣の部屋の少し低い女のあえぎ声も、さらに大きく、切迫した声色に変わってきていて、エクスタシーに近づいているようだった。

「○○りん、激しいっ、ああんっ」

私の下で千夏もあえぐ。動きを早め、さらに強く突き上げる。千夏の声もそれに合わせて大きくなっていく。

「はあっ あっ ああっ あっ あっ」

極まってきた。

「イキそう」
「いいよっ」

最後に大きく突き上げると、「ああ~ん」と千夏も仰け反りながら大きな声をあげた。

ドックン ドックン ドクンドクン  ドックン

千夏の一番奥に放って、ドサリと彼女の上に身体を重ねると、千夏の腕が私を暖かく包み込んでくれた。

f:id:pierre_lacenaire:20170329114404j:image