花蜜のしたたり

いい歳でもエロスがなければ生きていけない。

妻を捨て、家庭を捨て自由に!(なんちゃって)

どうして、自分を自分で縛るような生き方を選んでしまうのだろう?

よりによって、私の場合は二度も結婚している。

二度の結婚で子供が数人。
まだ二人の子供には学費もかかる。

離婚したときに、慰謝料払ったり、養育費を十数年も払い続けたり、親の借金問題に巻き込まれたりと金銭問題も続いてきた。

戸建ての家を建てて、住宅ローンを抱えて、まだ払い終わらず。

と言いながらも、こんな合間に浮気をしては時々バレて、二度ばかり致命的な夫婦関係に陥ったり。

今はそれなりに安定した生活を送っているが、家と職場の往復運動。

週末の釣りくらいが楽しみで色気のある暮らしではない。

たまには気に入った女性と家庭のしがらみなくゆっくり過ごしたいなぁと思ったりするが、時間、空間、金銭、倫理がなかなかそれを許さない。

この積み重ねは自分で築いてきたもの。

家庭だ、仕事だ、ローンだ、エトセトラ…

そういうものすべてを取っ払って日々送れたら、どんなに精神が解放されるだろう。

でも、結局は、自己拘束。事後的にこの拘束を解くには、かなりの勇気と負の衝撃を周囲にも与えてしまう。

ま、独り言ですw

f:id:pierre_lacenaire:20170324170428j:image