読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そのリュック、下ろせよ〜

自分勝手な人、増えてる。

そう感じない?

気になるのは電車の中。

まず、背中のリュックを下ろさない。とても車内混んでいても、下ろさない人がなんと多いか。
特に学生に多いのだけれど、リュックは下ろさないけれど、手元のスマホ空間と操作する手の自由は確保している。

あと、これに関連しているのだけれど、立っている位置を頑として譲らない人も多い。

これは、学生もそうだけど、サラリーマン、中年女性とも一定数いる。

電車混んできたら、当然ながら立っている位置だって動かざるをえないことが多い。

にもかかわらず、自分の立っている位置を絶対に動かないと心に誓っているのか、力を込めて自分の立ち位置を死守している。こちらも自分の意に反して押されているのに、その人たちは、自分の空間を侵食されていると思っているのか、押し返してくる。

しかも、たいていの場合、観るとその人の向こうの空間は空いていたりする。自分の立っている位置をなぜか変えたくないだけ。これもスマホを手にしている場合が多い。

確かに混雑した電車通勤はストレスで、少しでも自分の居心地を良くしたい気持ちもわからないでもない。私も三十数年、毎日のように電車に乗っているから。

あと、女性いわく、背中のリュックそのままは「痴漢除け」でもあるらしい。まあ、これもわからなくもない。

でも、これは今に始まったことではないはずだが、体感的には、これら現象は特に最近…スマホの普及とともに増長している気がする。

自分の生きている世界の多くの部分が、「今ここ」よりスマホのなかにある?

混んでる電車のなかくらい、少しの時間だけでもスマホから手を離してみたら?