花蜜のしたたり

いい歳でもエロスがなければ生きていけない。

背後から胸を揉みしだき

若い泉美は、ほとんどダブルベッドで空間が占められているホテルの一室で二人きりになったにもかかわらず、妙に照れていた。

服を着たままベッドに押し倒したが、身体を少し丸めながら、すぐに背を向けてしまった。

仕方なく、私はそのまま背後から身体を抱いた。

首筋にキス。

でも、スイッチがすでに入っている私は、泉美の身体に触れたい衝動を止めることはできず、背後から手を延ばし、彼女の胸のふくらみを手のひらに収め、ゆっくり、しかもいやらしい指使いでその丘陵を味わい始めた。

「はあぁ」

小さな声が漏れる。

シーツと彼女の身体の隙間にも左手を忍び込ませ、背後から両手で彼女の胸を包み込み、さらに強く揉みしだく。

「あんっ、はあっ」

太ももをすり合わせるように腰をひねりながら、背を向けているのとは裏腹に、泉美の背は軽く仰け反る。

キュロットスカートに押し込められていたブラウスをすっと引っ張り上げると、自由になった裾から手を忍び込ませる。もちろん狙いは素肌の胸だ。

ブラの上から数度揉むが、やはりブラが邪魔だ。

無理に背後から入れていた両手を一度抜くと、手早く彼女の背のホックをプンと外した。

再び彼女の二つのふくらみを背後から目指し、ブラを上にずらしながら、その隙間から今度は直接わしづかんだ。

「あっ、いやっ、はうっ」

いやといいながらも、さらに背が仰け反る。

「え、いやなの?」

ちょっと意地悪く、うしろから泉美の耳を軽く噛み、両乳首を親指と人差し指で軽くひねりながら、耳元でそうささやいた。

「だめ、だめ、あんっ」

「え、だめなの?」

そうささやきながら、私の右手は、彼女のキュロットスカートのなかにスルリと侵入し、すばやく茂みに到達した。

泉美は反射的にお尻をツンと突き出して、三角地帯を守ろうとしたが、そうする前に私の中指はすでに彼女のつぼみの上に届いていた。

耳たぶを甘噛みしながら、左手では乳首をコリコリともてあそび、右手の中指はつぼみを捕らえて、その指先でクルクルと円を描いた。

「あっ、はあっ、ああっ」

私の急襲に戸惑いながらも、泉美の腰から下は大きくうねるように動いていた。

「なんだよ、もうこんなに濡れてるじゃないか」

彼女の割れ目はすでに愛液にあふれ、タラリと流れ出さんばかりだった。

「いつから、こんなに濡れてるんだよ?」
「う~ん、この部屋に入ってきたときから」

悪戯っぽく、泉美は背を向けたまま、そうつぶやいた。

「悪いマ○コだな」

あえて、卑猥な言葉を耳元で浴びせながら、泉美の耳を舐めまわした。

「あっ、ダメダメダメ、いやっ」

そういいながらも、アソコはさらに粘液まみれになっていき、彼女は絞り込むように太ももをクネクネクネクネとすり合わせ、私の右手を咥え込んでいった。

 

f:id:pierre_lacenaire:20170106162649j:image