読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「したいように、してっ」(4)

こうやって、思い出しながら書こうとするが、実際はあまり思い出せない。


正常位で挿入してからはアソコの感覚に集中しているのと、泉美とはまだ二度目であることもあって、必死さも手伝って、後になってはあまり記憶がなかったりする。


「ああっ、気持ちいい、ああんっ」


とにかく、彼女がより反応してくれるところを探して、角度を微妙に変えて突き上げた。


時折大きく激しく突き上げたり、時にゆっくりヌルヌル感を愉しみながら出し入れを味わったり…。


反り返った矛先を上の内壁目指して突き上げてGスポットを狙ったり、抱き合うポーズでキスしながら出し入れしたり…。


「ああ、イキそう、イキそう、ああっ」


しばらく突き上げていると、泉美はあえぎながら、そうつぶやいて、自分の感覚に集中したようだった。


「あっ、イクっ、イクっ」


小さい声でつぶやくと、声が止まり、私の腰に回した手に力が加わり、息も止まったようだった。


それから、一度抜いて、少しの間ブレーク。

 


今度は、彼女のカラダを裏返す。


「何するの? え?」


何するも何も、もちろんバックからだよ。
そう思いながら、うつ伏せの泉美の脚を開かせて、まだガチガチのモノをバックからぶち込む。


「あっ」


軽く仰け反った彼女の首根っこを片手で押さえ込み、今度は背後から動けなくして、突き上げる。
枕に顔が埋まって少し苦しそうだが、かまわず背後から突き上げて犯す。


根バックは、「犯してる感」が半端なく感じられて好きだ。


突き上げるたび、「ううっ、ううっ、ううっ」と声が漏れる。


そして、今度は、そのまま脚を閉じさせて、逆に私が彼女をまたぐ形で突き上げる。
私の経験では、この体位がもっとも奥まで挿入できる。


両肩を背後から押さえつけて、グッサグッサと突き上げる。


「はあっ、はあっ、はあっ、はあっ」


と声にならない声をあげる泉美。


一番奥まで届いて、子宮口に私のケダモノがコリッ、コリッと当たっているのがわかる。


ここで、このままイカせてもらう。
ああっ、いいっ、イキそう、ああっ、出るっ!


あっ ああっ あっ


頭が真っ白になって、下半身から脳天に快感が突き抜けていく…


ドックン、ドクン、ビックン、ビクンと、制御の利かないケダモノが、泉美のなかで白濁をぶちまける…

 
(その後のこと、もうひとつ書きます)

 

f:id:pierre_lacenaire:20161213180950j:image