花蜜のしたたり

いい歳でもエロスがなければ生きていけない。

「したいように、してっ」(3)

クルクルとゴムの服を身に着けさせると、改めて泉美のひざを割って、彼女の入口を探すと、泉美は私のモノを握って導いた。


ニュル、ニュッ


少しずつ入っていく。すでに十分に濡れているので、妨げられることなく入っていく。
でも、奥まで濡れているわけではないので、出したり入れたりしながら、愛液を奥に送り込んでいく。


途中からは、あえて少し強引に、太ももを抱えて、一気に奥まで突っ込むっ!


「あああああっ、あうっ」


仰け反る泉美。


「痛くない?」
「うん、大丈夫」


動き始める。


「いいっ、気持ちいいっ」
「すごい、すごいっ、ああっ」


正常位が感じるという泉美は、入れてから間もなくすると、大きな声であえぎ始めた。


ああ、嬉しい。
私に突っ込まれ、突き上げられるたびに「あんあん」と声をあげている。
男冥利に尽きる。


クリを責めて感じてくれるのももちろん嬉しいけど、挿入して感じてくれるのはもっと嬉しい。


ああ、俺も感じてきた。
気持ちいい・・・。


(もうちょい続くw)

 

f:id:pierre_lacenaire:20161212181909j:image