読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「指がエッチぃ〜」

「ああんっ、指がエッチぃ~」

指先がいやらしいとよく言われる。

局部に指を突っ込んで、Gスポットあたりをクチャクチャと激しくかきまぜて潮を吹かせる、なんて乱暴なことは好まないので、おのずから、やさしく、いやらしい指使いになる。

最初から胸や局所をギュウギュウと触るような無粋なこともしないので、背中からヒップにかけて指先でやさしくなぞったり、尾骨からお尻の割れ目にかけて中指をすっと挿れてみたり、肋骨の曲線からわき腹にかけてツーっと親指でなぞってみたり…

そうこうしているうちに、自分でも我慢できなくなり、首筋にキスしながら、乳首に触れるか触れないかで親指と人差し指を使って軽く挟み、何かのツマミのようにクルクルと左右にひねってみたり…

鎖骨に沿って親指ですーっと撫で上げてから、耳の内側もサワサワと指先を這わせ、同時にキスをする。

その頃には、女性の秘所はたいていの場合、かなり潤い始めているはずなので、ようやく手を下腹部に伸ばしては、指をヘアの流れに従って滑り込ませ、そのまま割れ目に到達させていく…

ニュルリ…

あふれる愛液の出口のあたりを中指の腹でクチュクチュと確かめつつ、その透明な液体を前のほうに移動させる。

ヌルヌルの液体を小さなツボミのあたりに絡ませて、中指の指先でクルクルと小さな円を描く。
うしろから愛液を運んでは、また、クルクルともてあそぶ、強弱つけながら…

クルクルクル
ニュル ニュルリ
クルクル

指先の感覚に集中してもらいながら、唐突に乳首を咥え、舌でベロベロと舐めまわす。

そんなふうに指先でいたぶった後、脚をグイっと開かせて、いきりたった弓なりのモノをあてがって…

あっ、ああっf:id:pierre_lacenaire:20161019175249j:image