花蜜のしたたり

いい歳でもエロスがなければ生きていけない。

ほぼほぼハッピー!

今月は月末にやっかいな仕事が立て込んでいるので、気分はやや憂鬱なのだけど、仕事はあまり面白くないながらも安定しているし、家庭内でも妻とラブラブしているし、こっそりやりとりしている東京や遠方の女性たち三人とも、数ヶ月に一度くらいは激しく交わったりと、全体的にはハッピーだなと最近感じている。

週末もまあまあきちんと休めているし、趣味で海に出かけては潮風に吹かれて日焼けしたりと、プライベートもそこそこ充実している。

昨日気付いたことがある。

仕事でとても憂鬱なことはあるのだけれど、あとになって思い起こすと、たまにある憂鬱さはあまり傷跡になって残っていない。

ということは、その時とても憂鬱だと感じていたことも、本当は「たいしたことなかった」ということだ。

本当にいやなこと、本当につらいこと、本当に逃げたいことがあったなら、それは心に傷跡を残してきたに違いない。でも、数ヶ月前にもあった似たような「やっかいな仕事」も今となっては、あまり記憶にない。

ということは、実際は「たいしたことなかった」に違いない。

そう考えると、無闇に将来を心配したり、憂鬱に感じる必要はない。

そんな基本的な処世術のようなことも、サラリーマン生活があと数年で終わる今頃になって思い当たるなんて、ちょっと遅いけどね。

まあ、とにかく、今は、ほぼほぼハッピー!