花蜜のしたたり

いい歳でもエロスがなければ生きていけない。

コンドーム買いに行く

久しぶりにゴム購入しました。
輪ゴムじゃなくて、夜使う方です(説明不要かw)。

こんなものはアマゾンで買いたいが、家に送るわけにもいかず、ドラッグストアで購入しました。

こんな歳になっても、こういうものを買うのはやっぱり照れるところがあります。
買う前にレジが女性かどうかも確認したりします。

棚は見つけたものの、レジを見ると30代くらいの女性。
でも、仕方ないのでこの店で買うことにしました。

商品もいろいろあります。
かといって、いろいろ手に取って比較するのも照れます。
しかも、私は巨根なので(別に自慢してるわけじゃないw)、Lサイズ商品を探すと、さらに品目が限られます。

やっぱり薄いほうがいいなぁと、厚さ0.02mmと書かれたパッケージを探す。
でも、箱に馬の写真が載っている「スーパービッグボーイ」や、象の写真の「メガビッグボーイ」を手にするのはさらに恥ずかしい。

ということで、クールなパッケージのオカモトの0.02mmのLサイズ商品を買うことに。
でも、またここでいまひとつ根性のない私は、ついでにチュウチュウ吸う栄養補助ゼリーなんかを追加してレジに持っていきました。

レジのオネエサンは淡々と仕事をこなします。
スキャナーでスキャンしながら、

「貴方、Lサイズなのね、ウッフン」
「どうだい、奥さん、俺と商品評価してみるかい?」

などと、ふたりの内なる声が聞こえていました(なわけないw)

 

f:id:pierre_lacenaire:20160930192244j:image